・パラディ,テニス&ゴルフ鳳

menu
TEL

TOP > ゴルフスクールご案内トップ > 指導方法について

ゴルフスクール案内 Golf School Guide

指導方法について

ベースは10コマスイング

10コマスイングを基本としたカリキュラムを作成しています。豊富なレッスン道具を使用し、いろんな角度からゴルフ技術の習得を目指します。スイングチェックマシーンでフォームの確認をし、シミュレーションゴルフで実際のコースを想定した練習を行うことが可能です。ゴルフスタジオで習得したスキルをラウンドレッスンで実践し、スタジオでのレッスンで再確認していくことが出来ます。

10コマスイングとは?

ゴルフの基本スイングを10個の場面に分割して解析したものです。
1つ1つのコマには意味とポイントがあり、10個が全部正しく出来ると綺麗で正しいフォームとなります。
当スクールではこの10コマスイングをレッスンの基本として指導しています。

  • ①アドレス
    アドレスは「構え」の意味です。握り方、姿勢、方向の合わせ方を確認します。
  • ②バックスイング1
    シャフトが飛球線に対して平行、クラブのヘッドの先が上を向けます。
  • ③バックスイング2
    左腕が飛球線と平行グリップエンドがボールを指しています。
  • ④トップ
    正面から見た平行、飛球線に対してシャフトが平行、正面から 後方からの平行(2つの平行)
  • ⑤ダウンスイング1
    左腕が飛球線と平行グリップエンドがボールを指しています。
  • ⑥ダウンスイング2
    シャフトが飛球線に対して平行クラブのヘッドの先を上に向けます。
  • ⑦インパクト
    左腕とクラブが一直線
  • ⑧フォロースイング1
    シャフトが飛球線に対して平行クラブのヘッドの先を上に向けます。
  • ⑨フォロースイング2
    右腕が飛球線と平行グリップエンドがボールのあった位置を指しています。
  • ⑩フィニッシュ
    シャフトがボールのあった位置を指してスイングが終わります。
仮想バンカー練習(コースターを使って)
  • 1.コースターを砂と見立てて飛ばす練習です。

  • 2.コースターとボールを一緒に飛ばします。
    (エクスプロージョンショット)砂を爆発させて打つショットです。

  • 3.最後まで重心を低く保ってフォロースイングします。

シミュレーションゴルフ

シミュレーションはレッスン中にも使用しますが、レンタルで使う事も出来ます。疑似ラウンドが出来ますので、ゲーム感覚でラウンドすることも1つの楽しみです。

  • 綺麗なトップの位置から

  • かっこいい
    フィニッシュです。

  • グリーンはこのように見えます。まずはこのホールの距離とピンの位置を確かめます。

  • 大きなバンカーなども設置されています。バンカーからの脱出の練習もレッスンで繰り返ししておけば安心です。

  • ピンの近くまで来るとパターの為に高低差の線が表示されます。傾斜を読んでパッティングです。

  • 画面の左と右上に詳細な表示があります。左がボールの軌跡右がデータです。下に拡大しましたので覧ください。

  • 自分の打ったボールが真っ直ぐ飛んだのか右、左に曲がったかの軌跡が見える為室内であってもボールの行方が確認出来ます。ボールの飛んだ方向をコーチと一緒に確認してアドバイスをもらいながらスイングをなおしていくことが可能です。

  • 飛んだボールの飛距離回転数、ヘッドスピードなどのデータを確認しながら自分のスイングを分析することが出来ます。数字を意識していくことはゴルフ技術上達への近道ですね。

コースのご紹介
  • アメリカの オーガスタナショナルゴルフクラブです。マスターズの試合で世界的に有名ですね。ゴルファーなら一度は行ってみたいコースです。

  • 韓国のテグカントリー
    クラブです。

  • 日本の平川カントリー
    クラブです。

  • 【檜コーチより】 シミュレーションゴルフはラウンド練習でルールやマナーの説明、練習場モードで弾道確認が出来、インドアでもアウトドアに近い練習が体験出来ます。

ラウンドレッスン

コーチと一緒に実際のコースをラウンドします。コーチからアドバイスや豆知識、スコアを縮めるコツなどを聞きながらラウンドするので学びながら楽しむことが出来ます。普段レッスンでコーチにスイングを見てもらったりしていますが、実際のコースで見てもらうとまた違った状況を確認してもらえます。ここで見たことを活かしながらコーチはレッスンの中でその方にあった、最適なアドバイスをしてくれます。新たなゴルフ仲間も出来ますし、コーチの意外な一面が見られる?かもしれません。楽しいラウンドレッスンをお勧めします。

  • ピンの位置を見て、目標を確認しています。
    クラブを目標に向けて仮想のラインをイメージしています。
    ルーティンの1場面です。

  • 構えの際の体の傾きや姿勢などをコーチが確認し、アドバイスをしてくれます。
    コースでのコーチからの直接指導、ラウンドレッスンの一番良い所ですね。

  • 午前中に廻ったホールのナイスショット、珍プレー、
    ハプニングなど話をしながら楽しい食事です。
    頑張った後の食事は最高ですね。

教材
  • ラフマット
    置く向きを変えることにより、いろんな向きの芝の状態を作ることができます。
    順目、逆目など。
  • 傾斜台
    足場が傾いた状態での練習を行う事が出来ます。【つま先下がり】【左足下がり】など。
  • メディシンボール
    重さのあるボールを投げることにより筋力アップの練習ができます。
  • バランスディスク
    体幹を鍛え、体の平衡感覚を養う練習に使えます。
    一般、ジュニアとも使用します。
  • ゴムボール
    様々な大きさのボールです。スイングする時に両腕ではさんで使用します。
  • ショットテーブル
    スイングの軌道の確認や左腕のトレーニングに使用します。
  • カラーマットとチューブ
    マットは、地面に置いてターゲットとして使います。チューブは両腕をしばり、スイングを作るために使用します。ア
  • テニスラケット
    左腕のトレーニングやフェース面の使い方、スイングの動作順序を覚えるのに使用します。
  • テニスボール
    テニスの硬球です。
    テニスラケットを使用する
    時にこのボールを使用します。
  • インパクトバッグ
    白い的にクラブのヘッドを当ててインパクト時の状態を確認できます。
  • ミラー
    各打席に設置されています。きちんとした姿勢で構えられているか自分自身で確認することが出来ます。
  • パター先生
    パターの際に使用することによりスイングの軌道をまっすぐに振ることを身につけることが出来ます。
  • ショートクラブ
    基本スイングのチェックに使用します。トレーニングの時にも使用します。
  • 素振りバット
    スイングの確認に使えます。左腕の筋力を鍛える目的や、左右の腕のバランスをとる為にも使用します。
  • グリップチェック
    握る部分が正しいクラブの持ち方の形になっているので、簡単に握り方を覚えることが出来ます。
  • スイングチェックマシーン
    スイング解析に使用します。プロとの比較やレッスン前との比較をして、スイング矯正に使用します。
  • シミュレーション
    ラウンド練習や弾道解析に使用します。スクール生コンペやドラコン・ニアピン大会も開催しています。
  • スナッグゴルフのアイテム
    キッズクラスで使用するスナッグゴルフ用アイテムです。
  • ラダー
    キッズ、ジュニアクラスで使用します。

PAGE TOP